MENU

【初心者向け】カンタン!デザインの色選び!

こんにちは。モリアゲアドバイザーヒラヤマです。

デザインの色選び悩んでいませんか?
何色くらい使えば良いのか、何色を使えば良いのか、どのように組み合わせれば良いのか、
何色と何色の相性が良いのか、どうすれば統一感が出るのか。

その全てにお答えします。

【目次】

1.色数は少なくてOK。3色でまとめる。

2、色一つ一つの意味を知る。

3、色の組み合わせ方

4、悩んだら写真から配色を決める。

5、まとめ

1、色数は少なくてOK。3色でまとめる。

まずは、色数について。
端的に申し上げますと色数は3色までにしてください。
※写真やイラストを除く

沢山の色を使いたがる方は少なくありません。しかし多すぎる色は「ゴチャゴチャした」イメージとなり「まとまりがない」デザインとなってしまいます。
初心者は3色でまとめましょう。

ではどういった3色でまとめれば良いのでしょう。
メイン・サブ・アクセントカラーの3つの分類に色を振り分けます。
おおよそ6:3:1~7:2:1のバランスで配色します。

メインカラーとは
広告全体のイメージを決める色。この色を何色にするかで広告全体のイメージが変わってきます。色のイメージに関しては次項でご説明します。

サブカラーとは
メインカラーを補う役割を持っています。
メインカラーの作ったイメージに、より統一感を出すことができます。
あるいはイメージを少し広げる場合もあります。

アクセントカラーとは
名前の通りアクセントとなる色のことです。注目させたいパーツに使うことで視線を誘導することができます。複数色を使うこともありますが、1色にしておけばデザインが「ゴチャゴチャした」イメージになることもありません。

2、色一つ一つの意味を知る。

まず、メインカラーを決めるために色がどんな効果を持っているかを知りましょう。

赤色のイメージ
情熱・危険・活発・興奮・怒り・刺激など

目立たせる、派手にする効果があります。
また、刺激的なメッセージを伝える際にも最適です。

よく使われる広告
飲食関係 セール 祝い事など

青色のイメージ
清潔・清涼感・空・海・落ち着き・男性・信頼など

信頼感を出す、夏っぽさ出すを効果があります。
男性向けの広告に多く使われます。

よく使われる広告
セミナー関係 不動産関係 スポーツ関係など

黄色のイメージ
活発・軽快・エネルギー・明るい・注意・安価など

人の目をひく効果があります。
幅広い広告に使うことができます。

よく使われる広告
子供向けの広告 イベント広告など

緑色のイメージ
自然・さわやか・安心・健康・癒し・新鮮など

安心感を与える、爽やかなイメージを出す効果があります。

よく使われる広告
環境保全など自然を謳う広告 健康に関する広告など

桃色のイメージ
女性的・甘い・春・心・ 優しい・欲情・恋など

優しいイメージを与える効果があります。
また、女性的なイメージが強く、女性が一番好む色でもあります。

よく使われる広告
春の広告 女性向けの広告 バレンタインなど恋を連想させる広告

紫色のイメージ
高貴な・高級な・神秘的な・正式な・不思議

高貴なイメージを与える効果があります。
しかし同時に不思議や妖しいイメージも与えます。

はっきり言うと占いか商品イメージが紫でなければ使わないのが賢明です。

3、色の組み合わせ方

前項でメインカラーは決まったと思います。
ではサブカラーとアクセントカラーを決めましょう。

シンプルな方法を3種ご紹介します。

まず、1項でご説明した

(1)メイン・サブ・アクセントカラーの基本的な配色

メインカラーは前項を参考に決めます。
次に図内の両隣のいずれかをサブカラーにします。
最後にメインカラーの反対側あたりにある色をアクセントカラーにします。

以上です。カンタンですね。
メインカラーとその色に似た色と、反対側の色の3色。

(2)カラーイメージを統一した配色

図内の隣り合う3つを選びます。
以上です。
カンタンですね。

多少色の明るさを変更するとメリハリが出ます。

(3)悩んだらとりあえず黄色

悩んだら、メインカラーと適当な1色と黄色。
これはカンタンですが、これに頼りすぎてはいけません。
成立しやすいだけで、失敗する場合もあります。

どうしても決められない際の最終手段としましょう。

4、悩んだら写真から配色を決める。

メインカラーの色の効果は分かったけど、まだ配色が難しいという場合は写真から色を選ぶという方法もあります。
写真がもつイメージをそのまま抜き出せるうえ、統一感も出やすくなります。
自然の配色に勝るものはありません。

実例をいくつかご紹介しましょう。

梅とメジロです。
梅とメジロと空から色を選んでいます。

自然界にある色は落ち着いた色合いが多いため非常に心地よい配色です。

銀杏並木です。
紅葉の季節のイメージが伝わります。季節を表現する際にはその季節の写真を使うと上手くいくことが多いのでお試しください。

海と空と女性
こちらも季節感がよく出た配色になります。

森林と女性
人物がメインの写真を広告に使う際は服の色なども配色に入れると全体の一体感がでます。

室内・ベッド
マンション広告などの際、部屋のタイプごとに違うコンセプトが与えられていたりします。
その際はインテリアの配色をそのまま使えばイメージの統一をはかった配色ができます。

5、まとめ

・色はメイン・サブ・アクセントカラーの3色でまとめる。
・色の意味を知り、色を選ぶ。
・色の組み合わせは、メインカラー、メインカラーの類似色、メインカラーの反対色
・それでも悩んだら写真から色を作る。

詳しい資料が欲しい方は、
弊社で作成しているカラーガイドが無料でダウンロード出来ますので
是非ご覧ください。
https://www.endline.co.jp/dl20/

STAFFスタッフ紹介

一覧はこちら