MENU

【販促コスト削減!】モデルルームと説明会で併用できるアイテム

※この記事は3分で読めます。

こんにちは。モリアゲアドバイザーおなつです。

突然ですが、御社ではモデルルームと学生向けの会社説明会時に使用するアイテムをいくつお持ちでしょうか?
おそらく、モデルルームに使用するものはこれ、会社説明会の時に使用するものはこれ、といったように場面で分けていることが多いのではないでしょうか?
そのような場合、金額も高くなりやすく、管理も大変ですよね。。。

実際に最近弊社へ
「採用」と「本業」で共に使用出来るアイテムはないか?
とのお問合せが急増しています!

そこで今回は、モデルルーム案内時と会社説明会時の両方に活躍できるアイテム、さらには、活用方法やデザインのコツについてもお話したいと思います。

この記事からわかること
・1つのアイテムの2つの活用方法
・目立つことができ、集客の効果が高く見込まれるアイテム
・費用を抑えたアピール方法

【目次】

1、ロールアップバナー

2、エンジェルバナー

3、オリジナルマスク

4、エコバッグ

5、まとめ

1、ロールアップバナー

会社説明会の時に大活躍のロールアップバナー。
横のサイズが850mm、高さが2,000mmのため、そこまで大きく場所をとることはありません。
必要な時に組立て、普段は折りたたんで収納ができる便利なバナーです。

このように、女性1人でも持ち運びが可能です。
また、企業理念や思いを記載したものにデザインすると社風もアピールでき、目をひくこともできます。

このように合同説明のブースの入り口に立てる装飾品としてご注文を多くいただいております。
さらに、オンライン説明会時の背景としても使用できます。

このように、ロールアップバナーは会社説明会をリアルな場で開催する時だけでなく、オンライン上で開催する時でも使用することができます。

そして、モデルルームでの使用の際には、来場者に自社の思いをアピールするツールとして応用できます。
またデザインによっては、このようなパネルの代わりとしても用いることもでき、マンネリ化した広告方法から脱却することも可能です。

持ち運びが簡単で、視認性も抜群なロールアップバナー。
様々な場面で活躍できそうですよね。
詳しい詳細はこちらをご覧ください。
https://fukuoka-kanban.com/products/bn_roll/

2、エンジェルバナー

自分が広告塔になることができるエンジェルバナー。
羽根を背負って歩くと一気に目立つことができます。

エンジェルバナーに関してはこちら

構造は、リュック部分と羽部分にわかれております。
羽の形は4種類あり、どれも華やかで見栄えもいいです。

リュック部分はA4のクリアファイルや、ポーチ、500mlのペットボトルまで入れることができ、収納機能も抜群です。

会社説明会の時はもちろん、モデルルーム案内の時も目立つことができ、訴求効果も抜群です。
また、モデルルームにはファミリー層が来場することが多いかと思います。
子どもの目線もひきやすいため、有効的なアピール方法になりそうですよね。
そのような場合、鮮明な色である「ビビットカラー」をデザインに用いることをオススメします。

なぜなら子どもは「ビビットカラー」を好む傾向があるからです。、特に0~6歳(小学校1年生)頃のまでは、視覚が弱く、それによって「不安」を感じやすいと言われています。
そのため、子どもはクリアでコントラストがはっきりしている「ビビットカラー」を好み、不安を解消するそうです。
このように、デザインをする際も誰へ向けて訴求していくのかを考慮していかなくてはなりません。
ぜひ上記のことも参考にしていただければと思います。
エンジェルバナーの詳細はこちら
https://fukuoka-kanban.com/products/bn_angel/

3、オリジナルマスク

今では必須になったマスク。
せっかく着用するなら、マスクでも思いっきりアピールしていきましょう。

このように、各自バラバラなマスクを着用するよりも、会社のロゴ等で統一されたマスクを着用する方が印象がよくなりますよね。
会社説明会の時は、ぜひ同じマスクを着用して団結力をアピールしていきましょう!

また、モデルルームの来場者を案内する時にも有効です。
お客様が来場された時にオリジナルマスクを着用して接客することはもちろんですが、来場者プレゼントとして配布することもオススメします。
特にモデルルームでは「いかに来場後にお客さんの記憶に残っているか」が重要だと思います。
そのため「忘れられないためのツール」として、毎日の生活に欠かせないマスクをお渡ししたら、その後の商談にも結びつきやすくなるでしょう。
マスクの詳細はこちら
https://fukuoka-kanban.com/products/mask/

4、エコバッグ

マスクと同様に、オリジナルエコバッグも忘れられないためのツールとして活用できそうですよね。
特にモデルルームへ来場されるファミリーの場合、特にお母さんへのプレゼントとしてエコバッグは喜んでいただきやすいと思います。
その場合、ペールトーンと言われている「パステルカラー」を基にデザインすることをオススメしております。

なぜなら、妊娠中や産後のママさんたちは視力が下がる傾向にあると言われているからです。そのため、目への刺激が少ない色である「パステルカラー」を好む傾向があると言われています。

また、会社説明会の時も多くの資料を入れるバッグをプレゼントすると、学生にも喜ばれ、バッグを持ってもらうだけで自社のアピールにもなりますよね。

このように、忘れられないような工夫も大切です。
まずは1つずつ試してみて、自社に合った方法を見つけることをオススメします。

5、まとめ

いかがでしょうか?
会社説明とモデルルーム案内時の2つの軸でお話いたしました。
1つのツールであっても見方や捉え方でいくらでも活用方法を工夫することができます。
今後も様々な場面で応用できるように、広告物の見せ方や活用方法、そしてタメになるお役立ち情報も発信してまいります。
お気軽にLINEへ友達追加していただければと思います。

LINE追加はこちらから

https://page.line.me/264blkse?openQrModal=true

最後まで読んでいただきありがとうございました。

STAFFスタッフ紹介

一覧はこちら