MENU

不動産チラシおすすめデザイン事例5選

こんにちは。モリアゲアドバイザー江下です。

不動産や住宅には切っても切れない存在、それは…チラシ!!
貴社でもチラシを作っていると思いますが、どのように作っていますか?
何となく依頼している?載せたい情報を載せれば大丈夫?
そんなことはありません!
今回は『【解説付き】不動産チラシおすすめデザイン事例5選』ということで、
弊社のチラシ事例を解説しますので是非ご参考にしてください!

【目次】

1、そもそもチラシのメリットって?

2、チラシのゴールを決めよう

3、事例を解説!!

4、興味をそそられるプレゼント

5、まとめ

1、そもそもチラシのメリットって?

ここ20年位、新聞離れが進んでいると言われており、購読数も減っていますよね?
新聞離れが進むとチラシを見ることも減っているはず!
と思っているそこのあなた、大間違いです!!最近、チラシは流行っています(笑)
ネットで何でも調べられる時代ですがそのため情報が多くて、どの情報が正しいか私たちは迷い困っています。
そんなときにポストに入っているチラシを何気に目にするのです。
そしてチラシの内容に興味を持つ…。
ポストは毎日ではなくても数日に1度は確認しますよね?最近、チラシの量が増えていませんか?流行のデリバリーサービスのチラシもよく見ますよね?
流行の新サービスも使っているアイテム、それがチラシなのです!

2、チラシのゴールを決めよう

さて、そんな重要なチラシですが、貴社ではチラシを配るゴールは何ですか?
例えばデリバリーサービスのゴールはもちろん注文です。
では不動産会社様の場合はどのようなゴールが考えられるでしょうか?

①物件への問合せ
住宅会社様や不動産売買会社様ですとこれが一番多いと思います。
チラシの物件を見たいですといった問合せが入ると、チラシを配ってよかったと思いますよね!

②相談
①のように特定の物件に興味をそそられたわけではないが家のことを相談したい!と思ってもらえることも大切です。
特典を付けることで来店につながることもありますね。

③認知
貴社のことを知ってもらい、後々にお家探しの際にあの会社知っているから相談しよう!
となるための認知です。認知は直ぐには結果は出ませんが大事なゴールです。
②とほぼ同じですが、会社やサービスについて主に載せているのがこちらです。

3、事例を解説!!

さてそんなチラシですが弊社の事例で見てみましょう!!

①物件への問合せ

このように物件の情報を載せることで住みたいお客様を直接獲得することができます。
大濠公園徒歩10分!新築!インターネット無料!…
設備もアクセスも抜群でちょっとリッチな素敵な物件です(笑)

もちろん宅建業法上、物件の告知チラシは載せなけらばならない内容が決まっていますよね。
宅建業法にも違法しないように気を付ける必要があります。
(宅建業法に違法しないかどうかは宅建士の方に相談しましょう!) 
※弊社でもお答えできますのでご相談ください。

②相談チラシ
次のチラシはペットを飼いたい・新生活を始めようとしている人向けのチラシです。
①のように特定の物件を載せているわけではありません。
ペット可の物件は多くはないですがこんなチラシが入っていたら相談したくなりますよね!

③認知チラシ

こちらのチラシは建売住宅を検討中の方に向けた内容ですが、
①のような具体的な物件を載せているわけではなく、建売住宅を検討中の人への認知の役割を果たしています。
しかし、特典を付けることで、既に他社さんに相談している人向けに②相談チラシの役割も担っています。

こちらはオーナーさん向けのチラシです。
賃貸住宅を建てたいけど予算が…と迷い中の人向けですね。
こちらも特定の物件を載せるわけではなく、
「いつか相談してほしい」という認知の部分と実際に見学会を行うことで相談してほしいという部分が見え隠れしています(^▽^)/

4、興味をそそられるプレゼント

ここまでいろいろ解説してきましたが、やっぱり今すぐのお客様が欲しい!という不動産会社様にはうってつけの『特典付きチラシ』。
毎年春頃にこのようなキャンペーンをする不動産会社様も多いのでは?
こちらは上記の②相談してもらうためのチラシです。
プレゼントも10年位前は「〇〇プレゼント」と一択でしたが最近はどちらか選べるプレゼントが増えています。
例えば「冷蔵庫プレゼント」と一択の場合、冷蔵庫を欲しい人にしか響きませんが選べるプレゼントだと、冷蔵庫は要らなくても初期費用が抑えられたらうれしいですよね。
選べるプレゼントでいろんな要望に答えることができます。

こちらは住宅会社様で実際に購入してもらう際にオプションが付くというプレゼント!
購入意欲の高い人には30万円のオプションは要るかわからないプレゼントよりうれしいですね。

5、まとめ

このように、チラシの打ち出し方(キャッチフレーズ等)もいろいろ考えられます。
例えば、ポジティブに購入・相談したいと思える内容、逆にネガティブなことを書いて
購入・相談をあおる方法…。
もし自社でチラシ製作に行き詰ったときはモリアゲアドバイザーにご相談いただければ幸いです。

【ご相談はこちらから】

STAFFスタッフ紹介

一覧はこちら